〇〇のビジネスで儲ける方法

スポンサーリンク

タバコの自販機でビジネス1ヵ月でいくら儲かりますか

タバコの自販機を自分の家の近くに設置して、1ヵ月で150,000位稼いでいる人がいると聞きました。タバコの自販機ビジネスって、実際どうなんでしょうか?特に、注意点とかリスクが心配です。不労所得になるので、すごくおいしい仕事じゃないですか。だって置いておくだけなんですから。

父親の知人が、タバコの自販機を家の近くに置いて収益を得ていましたよ。その人はどうでしょうか、月に50,000円位だと言っていた気がします。
まず、どこに設置するかがとても大事じゃないでしょうか?もしあなたが土地がなければ、借りないといけませんね。好きなところにおけるわけじゃなく、自分が所有している土地に設置する必要があるからです。

あと、お釣りの用意もしないといけません。今は、銀行で両替をするだけでも、結構手数料かかるの知っていますか。タバコって、飲み物よりも単価が高いですよね。なので、札で買おうとする人が多いらしいです。なので、小銭を準備しておいて、自販機につぎ足す用意をしておく必要があります。

そうしないと、釣り銭不足になり、せっかく買おうとした人に売ることができません。そうなると、利益になりません。あと、電気代もかかります。その他諸々、管理、運営には、手間はかかりそうですよ。完全にほったらかしで、自動的に収入が入ってくる、と言うわけではなさそうです。あと、タバコが売れたら、当然ですが、売れた分だけ在庫補充にいかなければいけません。タバコって銘柄によって、本当に売れるのは売れます。

なので、こまめに在庫補充しに行かないと、期間その期間売れなくなるから、機会損失になりますよね。あと、雨が降ってる時は、タバコが濡れないようにしっかり準備して補充作業が必要。そうしないと、パッケージのくっついてしまい、うまく出てこなくなるそうです。そうなるとお客さんからのトラブルになりますね。トラブル対応も結構大変みたいです。

それに、タバコは実は原価率がとても高いそうです。9割ぐらい必要ですから、1個売れても、利益が20円とか30円とか、そんな世界です。ですから、タバコの自販機は、簡単にできるサイドビジネスと言うわけではなく、利益が少ないし、結構手間のかかる仕事だと思いますよ。未成年者にたばこ販売できないから、その製品かどうか確認するようなシステムが必要ですよね。ですから自販機そのものも高額になってきます。

それに、自販機を壊して小銭を掻っ払っていくような泥棒の対策も必要ですよね。もしくはされたら修理代がいるし、また新たな自販機を購入しなければならないと思うと…苦労が尽きません。そういう意味で、完全な不労所得とみなすだけにはいかないですよね。もしあなたが、何らかの商品を売っているお店を運営してるならタバコ置いてもいいと思いますよ。なぜなら原価率は高く利益は少ないけれども、タバコ目当てでお客さんがお店に入ってくるからです。コンビニとかでもそうですよね。

コンビニは全然タバコもわからないの知ってますけど、レジで取り扱うことによって、タバコの利用客の店の中に引き入れるのです。そうすればタバコ買うついでにほかのものも買いますから、そのために自動販売機を店の外におかずに、レジ近くに置いているわけです。なので、何らかの店舗経営している人は、タバコを売るのは集客のプラスにはなります。

一方土地もなく、これから自販機を買って、収入を得ようとしているのであれば、苦労の割に得られるメリットは少ないかも。なので、少し考えられた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする